sup_blogh_kai 修正

包丁・鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケア用品といった、1万点以上ものアイテムを日本および世界各地へと展開している貝印株式会社様。今回、LINEリサーチをご利用いただいたマーケティング部の方々にお話をお伺いしました。


普段どのような調査を行っていますか?

貝印ではカミソリやツメキリ、包丁などの刃物を中心とし、調理用品や化粧用具などの販売を行っており、取り扱い商材は、幅広いカテゴリで多岐にわたっています。
マーケティング部では日々の小売店様のPOSデータや、商品を使われている方への定量調査などの調査・分析はもちろん、トレンド調査やユーザーインサイト調査などもここ数年力を入れて行っていて、分析の結果は、新商品の開発やブランド政策、小売店様の売場作りのご提案などにも活用しています。


LINEリサーチのご利用の経緯を教えてください。

普段からお付き合いのあるリサーチ会社様経由やセルフ型のWEB調査などを通じて、定量調査を多く行ってきましたが、いずれも若年層からの回答回収が難しいこと、仮に回収が出来たとしても、本音を引き出すことが難しいことなどが課題でした。
そんな折、とあるブランド検討を行うなかで、若年層の意識調査を実施する必要性に迫られました。多くのリサーチ会社様やアプリ活用のリサーチなどを比較検討した結果、ユーザーインターフェース、パネル属性、パネル数、実施までのスピード感など、当社の希望をすべて満たしていただいたLINEリサーチを採用させて頂くことになりました。


LINEリサーチを使ってみて感想を聞かせてください

今回の調査にあたり、LINE社よりLINEリサーチのパートナー調査会社をご紹介いただき調査設計からご協力いただきました。こちらの意図を十分くみ取っていただき、調査設計から画面遷移の作りこみまでの準備部分と、実際の配信後の情報共有、回収完了後の結果報告まで、当初の要望以上のスピードでご対応いただきました。

また、画面遷移が固まったのちに当社の希望で設問追加が急遽入りましたが、その際も柔軟にご対応いただきました。今回の調査では、画像回収などもチャレンジしましたが、回答者の方々もとても協力的でしたので、こちらが想定していた以上の調査結果が得られ、大変満足のいく調査だったと思います。

特に、昨今実態がつかみ辛くなっている若年層からの本音を聞き出したい企業様には、是非おススメをしたいですね。

※掲載している内容は2017年8月時点のものです



LINEリサーチ    
https://line-research.line.me/
調査に関するお問合せ 
https://line-research.line.me/support/form