アーカイブ/ 2017年01月

こんにちは!
LINEアンケート事務局です。

前回に引き続き、『新年の目標についての調査-第2回』です。いよいよ、みなさんの2017年の目標や抱負を紹介したいと思います。
2017年のあなたの目標は何ですか?

アンケートでは、みなさんに2017年の目標を自由に書いていただきました。そこで、書いてもらった文章を単語レベルに分解して、どんな単語がよく使われているのか分析しました。

以下は、各年代の方々が他の年代より相対的によく使っていた単語のランキング上位20単語です。みなさん、どんな目標を立てられたのか見てみましょう。

目標単語ランキング


【10代】

中高校生が多い10代は「レギュラー」「インターハイ」「志望校」など、勉強と部活に関する達成目標が多くみられます。その中で、男性は「身長(を伸ばす)」、女性は「Hey! Say! JUMP(のライブに行く)」など、若者ならではの目標も特徴的でした。

・部活でレギュラー獲得、チームの主軸となる。(10代男性 トップスターさん)
・高校受験だから、志望校に合格するために勉強に力を入れる!(10代男性 けーきさん)
・身長をあと10cm伸ばす!(10代男性 ピンキーさん)
・吹奏楽部でコンクール金賞とって、県大会以上いく!(10代女性 ぽっちゃり嵐さん)
・高校でも柔道を続けるので、インターハイ出場だけでなくインターハイで入賞できるように頑張る!(10代女性 柔道愛)
・Hey! Say! JUMPの10周年LIVEに当選すること。(10代女性 めろんさん)

【20代】

「内定」「就活」「国家試験」など、学生から社会人へのライフステージの変化や資格取得に関する目標が多くみられます。加えて女性は、「婚約」「安産」などプライベートでの大きな変化に関する目標を上げる方も増え始めてきます。

・無難に就職が決まって、研究も難なく修めること出来る(20代男性 ますあっとさん)
・就活を全力で!!(20代男性 ゆとり世代さん)
・新社会人になるので仕事をとおして社会に貢献したい(20代女性 豆腐ごろごろさん)
・素敵な恋人をゲットし、婚約にまでこぎつける(20代女性 サンタさんはいつやってくるのさん)
・国家試験に合格して看護師になる!(20代女性 かなっぺさん)

【30代】

30代になると男女間で目標が大きく異なってきます。男性は「出世」「昇進」「給料」など、仕事上のレベルアップが大きな目標になることに加え、「肉体改造」「筋トレ」など体力面での向上も目指していることがわかります。一方で、女性は「安産」「婚活」「幼稚園」など、家庭や家族に関する目標が目立ってきます。

・出世レースに勝つ!(30代男性 さんこんさん)
・禁酒、禁煙、筋トレを1年間やり遂げる(30代男性 abebe0130さん)
・第二子。。。できれば女の子、安産したい(30代女性 わんわんさん)
・5年目の妊活に終止符を打ちたい!!(30代女性 ちぃなちゃんさん)
・朝必ず早く起きてお弁当を作って、遅刻せずに子供を幼稚園に連れて行く!ということを地味でもきちんとこなせるようにしたい!(30代女性 ルーシーライナスリランさん)

【40代】

引き続き男性は仕事に関する目標が多いですが、「競馬」「釣る」「フルマラソン」など、趣味に関する目標もあげられており、目標が多様化している様子がうかがえます。女性では「8キロ」「3キロ」「ヨガ」など、痩身と美容に関する目標が多くなるのもこの年代です。

・仕事に精を出す。新規の仕事を開拓する。(40代男性 ぐーたさん)
・競馬で100万馬券を当てる!!(40代男性 はつさん)
・二キロ以上のアオリイカを釣り上げる(40代男性 すーさん)
・5㎏以上痩せて息子の卒業式&入学式に着物を着る!(40代女性 しょーきーままさん)
・学校の役員と子供会の役員に決まったので、仕事と両立しながらがんばる!(40代女性 マリモッコリさん)
・甘い物を極力控えてアンチエイジングに真剣に取り組む(40代女性 takamiroさん)

【50代】

男性は仕事上の目標以外では、「妻」「ゴルフ」「サブ」など、定年を控えて家庭を顧みる目標や、趣味やスポーツに関する目標があげられています。女性は「習う」「教室」や「温泉」「リフォーム」など、子育てを終え新たな知識の獲得や、余暇・セカンドライフの過ごし方に関する目標があげられています。

・来年定年を迎えるので、再雇用で65歳迄元気に仕事が出来ること(50代男性 くにちゃんさん)
・妻に感謝し仲良く暮らすこと(50代男性 レンジさん)
・趣味のマラソンで年間走行距離を3,300キロを超え、フルマラソンでサブ3.5達成、ウルトラマラソン100キロに参加する(ふぁ~さん)
・着付けの習い事ををまたやり直したいと思っています(50代女性 こゆきさん)
・去年リフォームをしたので、断捨離をして家を片付けたい。(50代女性 幸せ太り!??ストレス太り!??ママさん)
・息子が就職で家をでるので、主人と仲良く暮らしたい(50代女性 日本酒好きおばさん)

【60代以上】

60代になると男性でも仕事に関する目標が目立たなくなり、「ゴルフ」「健康維持/管理」「海外旅行」など、余暇を充実させるための目標が特徴的になります。女性も同様の傾向ですが、加えて「孫(に会いに行く)」など、引き続き家族に関することを目標にあげる方が多いようです。

・ゴルフのベストスコア更新(60代以上男性 カッシーさん)
・健康管理、無理をしないで適度な運動と庭木の手入れをする(60代以上男性 なかよしさん)
・初孫の子育てに協力を頼まれたら、喜んで引き受ける(60代以上女性 たあくんママさん)
・折角パートを始めたので少しずつ貯金をして海外旅行したいです(60代以上女性 カズさん)


以上、目標はライフステージと密接にかかわっていることがよくわかる結果となりました。まだ今年の目標を決めていない方は、ぜひ参考にしてくださいね。


------------------------------------
『新年の目標についての調査』は、全2回でご紹介していきます。
 第2回 ~今年の目標編~ ※当記事※

【調査について】
・実施時期 2016年12月27日~2017年1月10日
・LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
・有効回収数=367,662s
------------------------------------ 

◆LINEアンケートとは?
LINEユーザーの方なら誰でも無料で登録することができ、オンラインアンケートへの回答や、実際にお会いしてのインタビューに参加していただくことができます。オンラインアンケートは、LINEで回答するだけで参加可能。回答すると、スタンプや着せかえの購入など色々なものに利用できる「LINEポイント」が獲得できます。

会員登録はこちら

こんにちは!
LINEアンケート事務局です。

2017年1月もあっという間に終わりですね。年始に目標を立てた方は、早速がんばっていますか?

今回は全2回で、昨年末に実施したアンケート結果から、みなさんの2017年の目標や抱負を紹介したいと思います。今年もまだ1ヶ月終わったばかり。ぜひ参考にしてくださいね。

① 日常生活であてはまる習慣は?

アンケートではまず、みなさんの日常生活にあてはまる習慣と、そのうち今年こそやめたいと思っていることを聞きました。

日常生活であてはまること


日常生活であてはまることは、男女とも20代までの若い方では「寝る直前までスマホでネットサーフィンやゲームをする」が1位、5位に「SNSを頻繁にチェックする」が入るなど、若い方を中心に、スマホやSNSが日常に深く浸透していることがわかります。

その一方、30代以降は「運動不足」が1位になった他、「テレビ番組をダラダラと観る」「リビングやこたつでうたた寝をする」が上位に入っており、大人になるとつい家でだらけてしまう様子がうかがえます。

また男性では「タバコを吸う」「お酒を飲みすぎる」にあてはまる方が多いですね。
 
② 今年こそやめようと思っている習慣は?

次に、そのうち2017年こそやめたいことは何か聞いてみました。

2017年こそやめたいこと


結果は、すべての性別・年代で「運動不足」が1位で、老若男女問わず運動不足解消のニーズが高いことが確認できました。

男性は30代以降でタバコやお酒がランクインしており、やめたいと思っている方が多いようですね。女性は2位以降、「チョコやアイスなど甘いものをよく食べる」「夜更かしをする」となっており、美容上避けたほうがよいとされる習慣がランクインしています。

また、日常生活でさほどあてはまる方はいないものの、あてはまる方は高い割合でやめたいと感じている習慣として、男性は「買った本を読まずに放置する」、女性は「衝動買いをする」が挙げられています。

日常生活でよくあてはまるけどやめようとは思わない習慣もあれば、あまりあてはまらないけどやめたいと思っている習慣もあり、興味深い結果となりました。


------------------------------------
『新年の目標についての調査』は、全2回でご紹介していきます。
 第1回 ~今年こそやめようと思っていること編~ ※当記事※

【調査について】
・実施時期 2016年12月27日~2017年1月10日
・LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
・有効回収数=367,662s
------------------------------------ 

◆LINEアンケートとは?
LINEユーザーの方なら誰でも無料で登録することができ、オンラインアンケートへの回答や、実際にお会いしてのインタビューに参加していただくことができます。オンラインアンケートは、LINEで回答するだけで参加可能。回答すると、スタンプや着せかえの購入など色々なものに利用できる「LINEポイント」が獲得できます。

会員登録はこちら

このブログでは、LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクト『若者インサイトラボ』の調査結果を発表しています。
2017年、新しい年になりました。第三回目は1月6日~10日に実施した年末年始に関するオムニバス調査のなかから気になる調査結果をご紹介します。

はじめに、2017年に注目するイベントや出来事のランキングの結果。

  • 最も関心のあるイベントは「トランプ氏の大統領就任」の39%で、どの年代も高い関心を寄せている。次いで「USJの新エリア(ミニオン・パーク)開設」が18%、「プレミアムフライデーの導入」・「ニンテンドースイッチの発売」が同率で17%と続いている。

  • 10代に目を向けると、トップは全体と同様に「トランプ氏の大統領就任」で36%だが、「ニンテンドースイッチの発売」の26%と2位にランクインし、関心の高さがうかがえる結果となった。

image02
 

②一般の人が選ぶ2016年の流行語は「PPAP」。ただし10代では
   「君の名は。」がトップ

次に、昨年12月に発表されたユーキャン新語・流行語では「神ってる」が大賞に選ばれたが、選定委員ではなく一般の人が選ぶとどうなるかを今回調査。

  • 10代~40代の男女が選ぶ流行語のトップは「PPAP」33%。以降、「ポケモンGO」31%、「君の名は。」29%と続いている。

  • 2016年ユーキャン新語・流行語大賞「神ってる」は、59個の候補のなかで第7位の11%。傾向としては若年層よりも30代以降の方に選ばれていた。

  • 一方、10代で最も高かったのは「君の名は。」で44%。全体平均と比較すると15%高くなっており、若者中心に選ばれていることがわかる。


image01
  

③意外と多い!?20代社会人の26%がお年玉をもらっていた

続いては、お年玉に関する調査。学生や若者はどのくらいお年玉をもらっているのか、自分が渡したお年玉は適正金額なのか、などを分析。

  • 学生の間はお年玉をもらっている人の割合が高く、中学生では93%、高校生で89%、大学生で82%という結果であった。そして、その平均総額は中学生で32,471円、高校生で39,195円、大学生で41,600 円であった。 

  • また、20代の社会人の26%がお年玉をもらっており、その平均総額は19,388円という興味深い結果も確認できた。

  • 一方、お年玉を渡した社会人に目を向けると、20代では39%、30代には63%、40代では70%の人がお年玉を渡している。そして、その平均総額は、20代で13,897円、30代で17,672円、40代で24,619円という結果であった。


image03

④年賀ハガキ離れは大学生で顕著。年賀ハガキを送らなかった大学生は75%

最後に、メールやメッセンジャーでの新年の挨拶が増加する中で、年賀ハガキを送ることへの意識やその実態についての調査結果。

  • まず意識面に関しては、「年賀ハガキを送るものだ」との回答は全体では39%で、「新年の挨拶をメールで済ますのは気が引ける」との回答は15%。実際の行動としては全体45%の方が年賀ハガキを送り、送った枚数の平均は31枚。 

  • 大学生においては特に年賀ハガキ離れしている様子がうかがえた。「年賀ハガキを送るものだ」との回答は20%と全体より19%も低く、また、「メールで済ますのは気が引ける」との回答はわずか7%。
    さらに実際の行動としても年賀ハガキを送った割合は25%であり、送った人の平均枚数も8枚といずれも全体よりも低くなっていた。

image04


以上

みなさん2017年も素敵な1年をお過ごしください。
次回はバレンタインに関する調査です。どうぞご期待ください。

----------------------------------
【調査について】
・LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
・実施時期:2017年1月6日 ~1月10日
・有効回収数:5,381s
・性別年代構成比を市場にあわせてウェイト調整

【若者インサイトラボについて】 LINE株式会社と博報堂ブランドデザイン若者研究所が、スマホをキーに若者のリアルな生態を解明するためスタートした共同プロジェクト。

国内で6400万人(MAU)の豊富なユーザー基盤を誇り、国内最大級かつアクティブ性の高いスマートフォン調査パネル(約630万人/2016年12月時点)を保有するLINEと、若者のインサイトについて長年研究を続けてきた博報堂ブランドデザイン若者研究所が、共同で調査研究を実施、公開していきます。
----------------------------------

LINEリサーチ公式ブログ

LINEの調査プラットフォーム「LINE Research Platform」について最新情報やアンケート調査結果、博報堂共同研究「若者インサイトラボ」をご紹介します。