昨年に引き続き、今年もハロウィンの実態について調査を行いました。
その結果をご紹介します。


昨年に比べハロウィン参加率は全体的に低下しました。
特定の世代に留まらず、全世代で低下(もしくは昨年並み)という結果です。
なお、女性のほうが参加率が高い傾向は、昨年と同様でした。
①参加率

また、ハロウィン関連で使った金額も昨年を下回る結果となりました。
日本におけるハロウィンは頭打ちと言えるかもしれません。
⑥使った金額


ではここからは、今年の参加者の様子を見てみます。
参加者における女性の占める割合が多く、女性を中心に盛り上がりを見せていたことがわかります。
③参加者プロフィール_1201


続いて、具体的にどんなことをしたのか見てみましょう。
全体の順位は、1位「ハロウィン仕様の食べ物の購入」、2位「飾りつけ」、3位「服・グッズの購入」という結果でした。

ここでも、女性が高い項目が目立ちます。
  • 「飾りつけ」や「服・グッズの購入」・「家族に仮装させた」などは、ママ世代の30代・40代女性で突出して高い
  • 「ハロウィンのフィルターを使って写真を撮った/ハロウィン風に加工した」は10代・20代女性のみで高い
  • 10代女性は、「ハロウィンパーティーをした」・「LINEやTwitterなどのアイコンをハロウィン仕様にした」・「ハロウィンメイクをした」なども高い
  • 「テーマパークに行った」は20代女性で高い
④参加詳細_1201


③「おうちで」「家族と」の傾向がより強まる
《ハロウィンを祝った場所》
「自分の家」が全世代で最も高いのと同時に、昨年よりも高まっている世代が多く見られました。
一方で、「ハロウィンで人が集まる繁華街・施設・公園」といった、自宅外は減少しています。

④参加場所

《ハロウィンを祝った相手》
昨年に比べ「ご家族(子供・配偶者・パートナー・親・兄弟姉妹)」での催しが増えている世代が目立ちました。

⑤参加相手


来年の参加意向をみると、昨年よりも「まったくしたいと思わない」が増加しています。
来年のハロウィンは、今年よりも更に縮小傾向になるかもしれませんね。
⑦来年意向_2全体_1201

----------------------------------
【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国 15~49歳男女
実施時期:①2016年11月1日~2日、②2017年11月1日~2日
有効回収数:①5,373サンプル ②5,226サンプル
性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
----------------------------------
※グラフ・数表は小数点第一位を四捨五入し整数表記(数表の色づけは四捨五入前の数値に基づく)

昨年調査の結果はコチラから