緊急事態宣言下の中はじまったゴールデンウィーク。オンライン帰省などの呼びかけも進む中、今年のゴールデンウィークの帰省や実家とのコンタクト方法について調査しました。

main

◆Topics◆

1..ふだん長期休みに、実家に帰省する人は9割
2.2020年のゴールデンウィーク みんなの工夫 、”オンライン帰省“予定の人は14%
3.”オンライン帰省“の手段は、LINEのビデオ通話機能が9割弱

1.ふだん長期休みに、実家に帰省する人は9割

ゴールデンウィークや年末年始など、長期休暇に実家に帰省する人は実際のところどのくらいいるでしょう?
今回、実際に調査をしてみたところ、実家があるうちの9割の人が、長期休暇に帰省する習慣があることがわかりました。帰省する頻度としては、年2~4回と年13回以上のボリュームが多く、平均すると年間の帰省回数は3.5回という結果でした。

帰省の頻度



2.2020年のゴールデンウィーク みんなの工夫、”オンライン帰省“予定の人は14%

2020年、今年のゴールデンウィークに実家にコンタクトをとる予定があるか聞いたところ、実家に帰省する習慣がある人のうち、8割弱の人が、何らかの形ですると回答しました。
ではその8割弱の人に、連絡手段としてはどのような方法を使うのかを聞きました。

最も多いのは、「電話をする予定」で36%、次いで「LINEメッセージを送る予定」が26%という結果でした。メディア等でも話題に上がっている「オンライン帰省(実家とのビデオ通話)をする予定」という人は14%という結果でした。

実家へのコンタクト方法



3.”オンライン帰省“の手段は、LINEのビデオ通話機能が9割弱

「オンライン帰省(実家とのビデオ通話)を予定」している人が利用するツールとしては、「LINEビデオ通話」が圧倒的で9割弱。次いで「FaceTime」「Zoom」と続きました。
家族とのコミュニケーションにおいては、お互いにふだんから使っているツールである「LINE」だからこそ手軽に“オンライン帰省”ができるのかもしれません。

ツール




かたや、以前行った「テレワークをしている会社員、公務員」への調査では、仕事に利用しているツールとしては「Microsoft Teams」が最も高く24%。次いで「Zoom(23%)」「Skype(21%)」と続きました。
ビジネスシーンにおけるコミュニケーションツールと家族・友人とのコミュニケーション ツールは使い分けされている結果となりました。
テレワーク



初めての緊急事態宣言の中でのゴールデンウィーク。
本物の帰省はしにくい状態ですが、電話やメッセージ、ビデオ通話などを通じて、家族の近況を報告しあったり、孫や子どもの顔を見たりして、少しでもお互いに元気を贈り合いましょう。

LINEリサーチでは「今」の生活を知るために、皆様に役立つ調査インフラとして、より良い社会生活のために定期的に情報を発信していきます。
なお、スマートフォン調査をお考えの場合は、お気軽にご相談・お問合せください。

【調査(ゴールデンウィークに帰省)について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国 20歳~59歳までの男女
実施時期:2020年4月28日~30日
有効回収数:5,222サンプル
※市場の性年代構成比に合わせて回収

【調査(テレワークにおける利用ツール)について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~69歳の男女
実施時期:2020年4月16日~20日
有効回収数:10,442サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。