今や1日たりとも触らない日はないというくらい、暮らしに深く浸透している「スマホ」。朝のアラームから電車の時間を調べるとき、友達との連絡用に…と使わないシーンを探す方が難しいほどですよね。
そんなとっても身近で便利なスマホですが、イマドキの高校生たちは、どんな使い方をしているのでしょうか?
今回は高校生とスマホの関係について、ご紹介していきます!

main


◆Topics◆

1.約半数が中学生でスマホデビュー!高1からという子も3割程度
2.普段スマホで何してる?1位はJKDK共に動画視聴。2位には違いが!
3.みんなのスマホルールは?進級に伴い変化するルール

1.約半数が中学生でスマホデビュー!高1からという子も3割程度

graph_1

まず「自分用のスマホを持ったのはいつからですか?」という質問をしてみました。
これには「小学生の頃から持っていた」という人が約2割弱いたものの、中学生になってからという人が多数派という結果になりました。

細かく見ていくと、中学1年生のときという回答が22.3%で、中2では13.4%中3で16.5%と、中学の3年間で50%以上の人が自分用のスマホを手にしています。
また高校1年生が28.2%と3割弱いました。中学1年生、高校1年生と入学を機に自分用のスマホを持つのかもしれませんね。結果として、高校生の多くが自分用のスマホを持っているということが見えてきました。

2.普段スマホで何してる?1位はJKDK共に動画視聴。2位には違いが!

graph_2

では高校生たちは、スマホで主に何をしているのでしょうか。
「普段スマホでよくしていることは何ですか?」という質問をすると、JKDKともに最も多かった回答は「動画をみる」となりました。イマドキの高校生たちは、お気に入り動画の更新や 再生回数の多い動画などのチェックをよくしているのかもしれません。

2番目以降に多かった回答は、JKとDKで傾向が異なりました。JKの第2位は「友だちやフォロワーのSNSをみる」で47.9%。次いで多かったのは「友だちとメッセージのやり取り」で45.0%でした。女子は男子に比べてSNSを通じて誰かとコミュニケーションすることを重視してスマホを利用している傾向があるようです。

一方DKで2番目に多かった回答は「ゲームをする」というもので、実に67.7%と7割近くの人があげていました。3番目に多かったのは「友だちやフォロワーのSNSを見る」で37.5%。男子は女子に比べて「SNSよりゲームに熱中!」という傾向があることがわかりました。
しかし最近はゲームの中でも友達と一緒に通信しながらプレイするものもあるので、DKにとっては、ゲームも友達との繋がりを感じながら行うものなのかもしれません。

3.みんなのスマホルールは?進級に伴い変化するルール

graph_3

1日中何かと気になってしまうスマホですが、その利用法について、各家庭でルールのようなものはあるのでしょうか?

すると全学年共通で「データ通信容量の上限が決まっている」というルールが第1位の回答でした。
それ以外は学年ごとに内容が異なっていたのが印象的です。
高校1年生ではスマホデビューをしたばかりの子も多いからか「ゲームの課金禁止」「ネット上に個人情報を書き込まない」「IDやパスワードを他人に教えない」などのスマホを利用する上での基本的なルールを、しっかり守るよう言われていることがわかりました。 しかしこれが高校2年生になってくると「わからない/特にルールはない」が26.4%、3年生になると32.9%に上昇してきます。

高校入学時にひととおりスマホを使う上でのルールを親子で認識合わせをし、うまく付き合えるようになっていたら、「スマホとの付き合い方は基本的に本人に任せている」という家庭が多いのかもしれませんね。


高校3年生にもなれば、JKDKともに18歳。誕生日が来れば選挙権も与えられ、法律上は大人の仲間入りです。そんな世代ですから「スマホの使い方も、守らなければいけないルールを守った上で、自分で決めるように」と考えている家庭も多いのかもしれませんね。
スマホのルールに限らず、その家のルールというのは、社会人になってからも自分自身の指針になったり、自分を助けてくれるものです。スマホがあるのが当たりまえという時代。便利に使えることも多いでしょう。便利だからこそうまく付き合っていけるように正しいマナーやルールを今のうちから身に着けておくことは大切ですね。


【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:高校1年生~3年生 男女
実施時期:2020年4月14日~17日
有効回収数:1023サンプル

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。