最近では早い子なら小学生でも(!)メイクをしている女子がいるという時代。JKにとってのメイクとは、どんなものだと考えられているのでしょうか。今回は、みんなの初めてのメイクやお手本メイク情報など、気になる情報を徹底リサーチ。
「そうそう!」と共感するか「えっ、ほんとに?」と驚くか…イマドキJKたちのメイク事情にせまります。

main



◆Topics◆

1.現役JKの半数以上がメイクをしています!
2.メイクをしている高校3年生に聞きました!いつからメイクを始めた?
3.イマドキJKのメイクの先生、やっぱり一番人気は…
4.JK人気の高いプチプラコスメは?


1.現役JKの半数以上がメイクをしています!

graph_1

まずは単刀直入にJKたちに「メイクをしていますか?」という質問をしてみました。
すると57.4%のJKが「している」と回答半数以上のJKがメイクを楽しんでいるようです。
ファンデーションを塗ってばっちりメイクをする子もいれば、目をはっきり見せるマスカラやアイプチ、つけまつ毛などのポイントメイクを楽しんだり、自然な色付きのリップを楽しんだりする子など、取り巻く環境によってメイクの取り入れ方もさまざまでしょう。
校則が厳しい学校では「通学時に目立ったメイクをするわけにはいかない」という場合も。お休みの日や遊びに行く時なども含めて「もう高校生になったんだし、メイクくらいしたいよね!」というのがイマドキJKの気分なのかもしれません。

2.メイクをしている高校3年生に聞きました!いつからメイクを始めた?

graph_2

JKの中でも一番メイク歴が長い、最高学年である高校3年生に「いつからメイクをするようになりましたか?」という質問をしてみました。すると早い人では「小学校の高学年から」という人で1.9%「中学生から」という人も26.1%いました。しかしやっぱり「メイクをするようになったのは高校生から」という人が圧倒的に多いという結果でした。

そこでその時期について詳しく見てみると、高校1年生でメイクを始めたという人は30.8%高校2年生が36.4%、高校3年生が3.7%という結果でした。1~3年生の合計では70.9%となりますので、約7割のJKが高校生になってからメイクを始めたということになります。さらにその大半が高校2年生までにメイクをスタート。「高校生になる=メイクデビュー」そんなJKたちの心づもりが伝わってくる結果ですね。

3.イマドキJKのメイクの先生、やっぱり一番人気は…

graph_3

高校生にとって重要な情報源であるYouTubeSNS。もちろんメイクだってYouTubeで検索してしまうのがJKです。そこで「誰のメイクを参考にしていますか?」という質問をしてみると、65.9%のJKが「YouTuber(ユーチューバー)」と答えています。確かに動画は、自分の見たい箇所をじっくり再生できて、便利ですよね。次いで多かったのは「Instagramer(インスタグラマー)」で35.7%となりました。
一方で「友人」と答えたJKも31.3%いたので、やはりまわりの友人のメイク技も気になるようですね。

参考にしている有名人を聞いたところ、『石原さとみ』『永野芽郁』の人気が高く、『ふくれな』などメイク動画を多く配信しているYouTuberの名前も多く上がっていました。

4.JK人気の高いプチプラコスメは?

では実際にJKがメイクをする際には、どんなメイク用品を使っているのでしょうか。デパコスを愛用している高校生もいると思いますが、毎回高価なデパコスには手を出せない、なんて高校生も多いはず。そこでJKに好きなプチプラコスメを聞いてみると、以下のような結果になりました。
graph_4

お小遣いでも無理せず買えて、ドラッグストアでも購入可能。いろいろなアイテムを試せてしかもカワイイ!…そんなプチプラブランドが人気のようです。
JKの8割が好き!と回答した1位のCANMAKEのコンセプトは「かわいく、たのしく、輝きたい!」 まさに、女の子の気持ちを表現していますね。

大人から見るとJKは、本当はメイクなんてなくても十分カワイイのにと思ったりもしますが、「なりたい自分になれるから」「もっとキレイになりたい」「大人っぽく見られたい」などさまざまな理由から、メイクを楽しむJKがとてもたくさんいるようです。
メイクもうまくなって、学校生活やデートなど、楽しいことがいっぱいのJK時代を過ごしていけるといいですね!

【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:高校1年生~3年生 女性
実施時期:2020年4月9日~13日
有効回収数:317サンプル

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。