ちょっとした空き時間や移動のとき、就寝前など、ついつい眺めてしまうYouTube。1日にどれくらいYouTubeを見る?みんなどんなジャンルが好き?などイマドキ高校生のYouTube事情を調査。好きなYouTuberランキングや人気の理由もご紹介します!

main

◆Topics◆

1.毎日見る高校生は7割以上!YouTubeはみんな大好き
2.「ミュージック」と「ゲーム」のジャンルがTOP2
3.JKDKともに1番人気のYouTuberは「東海オンエア」!


1.毎日見る高校生は7割以上!YouTubeはみんな大好き


graph_1

音楽からゲーム、美容・メイク、アニメ、料理、勉強まで、あらゆるジャンルの動画を楽しむことができるYouTube。今回の調査で98%の高校生が「YouTubeを視聴している」ことがわかりました。さらに、そのうち76%の高校生が毎日欠かさずYouTubeを見ているという結果に!男女別では、JKは約7割、DKは約8割が毎日YouTubeを見ています。また、視聴時間についてはJKが「1日に、30分以上~1時間未満」が最も多いのに対して、DKは「1日に、1時間以上~2時間未満」が最多。頻度も視聴時間もJKに比べてDKの方が多く、よりYouTubeに熱中している様子がうかがえる結果となりました。



2.「ミュージック」と「ゲーム」のジャンルがTOP2


graph_2

「よく見るYouTubeのジャンルは?」という質問をしてみると、JK・DKともにTOP2が「ミュージック」と「ゲーム実況・ゲームプレイ」という結果に。JKの1位は「ミュージック」で約6割、DKの1位は「ゲーム実況・ゲームプレイ」で約7割。2位以下と大きく差をつけ、それぞれ堂々の1位となりました。JKで4位、DKで5位にランクインしている「歌ってみた・踊ってみた」は、好きな歌手・アイドル・アニメなどの楽曲やMVなどを再現するジャンルで、高校生にも人気があるようです。

男女別に特徴的なところを見てみましょう。 JKは3位に「美容・メイク」がランクイン。高校生ができる美容やメイクの方法、コスメ商品のレビューなどを参考にしているのでしょうか。5位には「アイドル」がランクイン。YouTubeのチャンネル開設をするアイドルが増えていることもあり、推し&気になるアイドルの情報はYouTubeでチェックしているのかもしれませんね。10位には「ダンス」がランクインしています。DKではランク外ですがJKは関心が高いジャンルのよう。

一方DKは、3位に「アニメ」がランクイン。JKでは6位にとどまっており、アニメ好きのDKが多いことがわかります。他にも、5位に「スポーツ」、8位に「VTuber (バーチャルユーチューバー)」、9位に「雑談」がランクイン。8位のVTuber (バーチャルユーチューバー)は2Dや3Dのアバターを使用して、さまざまなジャンルの動画配信を行っている人たちの総称です。アバターにはアニメのようなキャラクターが使われることが多く、アニメ好きのDKに人気がある理由かもしれませんね。



3.JKDKともに1番人気のYouTuberは「東海オンエア」!


graph_3

好きなYouTuberがいるJKDKに、どのYouTuberが好きか聞いたところ、男女ともに「東海オンエア」が1位という結果になりました。「東海オンエア」は、メンバー全員が愛知県出身という6人組のグループ。企画の発想力や、メンバーそれぞれに個性があるところ、毎日動画がアップされているといった点が人気の理由のようです。

2位以下は、JKDKで異なるYouTuberがランクインしており、好みの差がはっきりと出ています。 JKの2位は、エンターテインメント性のあるゲーム実況が人気の「キヨ」がランクイン。ホラーゲームで怖いはずの実況がおもしろい、動画のテンポがよいといった声が寄せられました。3位は、中学校の同級生7人組のグループ「フィッシャーズ」がランクイン。仲良しなノリが見ていて楽しいといった声や、アスレチックを使った企画が高評価。2017年に実施した流行調査でも北海道・東北地方でランクイン。4位の「水溜りボンド」は、男性2人の掛け合いがゆるくておもしろいと人気です。5位の「QuizKnock」は、東大卒業のクイズ王・伊沢拓司を中心としたメンバーによるクイズチャンネル。2020年6月に実施した流行調査のYouTuber流行予測ランキングでも上位に。同じく5位の「花江夏樹」は、人気作品のキャラクターを多く演じている男性声優です。

一方DKに人気のYouTuber はどうでしょうか?DKの2位にランクインした「にじさんじ」は、約100名のVtuber (バーチャルユーチューバー)が所属する異色のユニット。多彩な個性を生かした動画配信が楽しめます。3位の「はじめしゃちょー」はゆるい人柄や雰囲気が魅力で、動画がおもしろい、見やすいと人気。4位の「はなおでんがん」は大阪大学基礎工学部出身の男性2人組で、軽快なトークとためになる理系ネタが特徴です。同じく4位はテレビでもおなじみの「HIKAKIN」がランクイン。日常のおもしろいものを紹介する企画やゲーム実況が人気です。


あなたのお気に入りのYouTuberはランクインしていましたか?TOP5のYouTuberは、それぞれ個性が豊かで、独自の企画や表現力でさまざまな動画を配信しています。楽しくて、見ているとつい時間を忘れて没頭してしまいそうですね。まだチェックしていないYouTuberがいれば、ぜひ視聴してみてくださいね。


【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:高校1年生~3年生 男女
実施時期:2020年8月3日~8月4日
有効回収数:1045サンプル

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。

【LINEリサーチについて】

『リサーチノート』はLINEリサーチが運営する調査メディアです。LINEリサーチでは500万人を超える豊富なモニターによりテーマごとに様々な調査が可能です。スマートフォン調査をお考えの場合は、お気軽にご相談・お問合せください。

▼LINEリサーチに関する資料のご請求はこちら▼
document_request

▼LINEリサーチでの調査や調査に関するご相談はこちら▼
inquiry_form