来年2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。成年の定義が見直されるのは約140年ぶり。18歳から大人になるということについて、高校生はどのように思っているのか調査しました。

main

◆Topics◆

1.高校生の76%は、成年年齢の引き下げについて「知っている」
2.結婚、クレジットカード...18歳からできることをどのくらい知っている?
3.18歳成年に賛成?反対?DKは約半数が「賛成」
4.早く成人になりたいと思う高校生はどのくらいいる?

1.高校生の76%は、成年年齢の引き下げについて「知っている」

graph_1

「2022年4月1日から、成年年齢が18歳になる」ことについて、どのくらいの高校生が知っているのか調査しました。「詳しい内容まで知っている」という人は1割程度にとどまったものの、「ある程度内容を知っている」を含めると、76%の高校生が18歳成年についての内容を知っていました
一方で「まったく知らない」という人は3%とごく少数。「聞いたことがある程度」という人も含めると、9割以上の高校生が制度のことを知っていることがわかりました。高校3年生のタイミングで成年になる人もいるため、自分事として関心を持つ人が多いのかもしれません。また男女別でみると、JKに比べDKのほうが制度について詳しい内容を知っている割合が高い結果が出ています。


2.結婚、クレジットカード...18歳からできることをどのくらい知っている?

graph_2

今回の改正では、18歳を成年と定めることにともない「18歳からできること」、「20歳にならないとできないこと」が細かく区分されました。そこで、内容ごとに高校生がどのくらい知っているのか聞いてみました。

まず「18歳になったらできること」について、TOPは「女性は結婚ができる(16歳から変更)」でした。次いで、「クレジットカード(自分名義)をつくることができる」「携帯電話(自分名義)の契約ができる」「一人暮らしの部屋を借りる(自分で契約する)ことができる」などの契約関連と続きます。高校生でも自分名義でクレジットカードや携帯電話、部屋の契約ができるようになるため、関心が高いのかもしれません。
男女別にみると、JKよりもDKのほうが「携帯電話」や「部屋を借りる」、「ローンを組む」などの契約関連について、知っている人の割合が高いのが特徴的です。

一方、現在と同じく「20歳にならないとできないこと」について、TOPは「お酒を飲む・買える」、次いで「たばこを吸う・買える」でした。どちらもDKは8割近く、JKは9割近くが知っており、JKのほうがやや割合は高いものの、男女ともに多くの高校生が知っていることがわかりました。
そのほか、「競馬・競艇・競輪などの投票券を買える」「国民年金の加入義務が発生する」「大型・中型免許(10トン車の運転など)を取得することができる」については、半数以下と知っている割合が低くなりますが、JKよりもDKのほうがやや認知率が高い傾向です。


3.18歳成年に賛成?反対?DKは約半数が「賛成」

graph_3

18歳成年の制度について内容を知っている高校生に、この制度に賛成か反対かを聞いてみました。全体では「賛成とも反対ともいえない」がもっとも多く35%でした。
そして「賛成/どちらかといえば賛成」の賛成派は約41%、「反対/どちらかといえば反対」の反対派は約20%で、賛成派のほうが多いことがわかりました。

男女別にみると、「賛成とも反対ともいえない」中立派は、DKよりもJKのほうがやや割合が高い傾向にありました。DKでは約5割と半数が賛成していますが、JKは約3割が賛成。また、JKは学年が上がるにつれ反対派が増えていました。


4.早く成人になりたいと思う高校生はどのくらいいる?

graph_4

「早く成人したいと思いますか?」という質問をしたところ、全体で約4割が「どちらともいえない/わからない」と回答し、もっとも多い結果となりました。「早く成人したいと思う」、「早く成人したいと思わない」はそれぞれ3割前後という結果でした。

男女学年別にみると、男女ともに2~3年生の「どちらともいえない/わからない」の割合が高い様子。20歳だった成年年齢が18歳となり、想像していたよりも早く大人とみなされる…その年齢が近くなるほど、戸惑いを感じる人が多いのかもしれません。
また、DKのほうが「早く成人したいと思う」割合が全学年でJKに比べて高い傾向にありました。特に1年生のDKでは44%と半数に迫る勢いでした。JKも、1年生は「早く成人したいと思う」割合が他の学年と比べて高い結果が出ています。

それぞれの理由について、高校生から寄せられた声を紹介します。

早く成人したいと思う理由
・アルバイトや学校などに関して親のサインが必要で、親に許可を取らないとできないことが多い。成人になったらそういうことが自由になると思う(高1女子)
・大人になれば世界が広がり、新たなことを知って挑戦できるから(高1男子)
・社会の一員としての責任が生まれるし、子供では制限があることもできるようになるから(高1男子)
・いろいろな経験を早く積めるから(高1男子)
・大人になったら選挙の投票とかいろいろなことが出来るようになると思うから(高2女子)


早く成人したいと思わない理由
・大人といわれると責任が重くなりそう。制限が緩くなる代わりに見られることが多くなる(高1男子)
・大人になるのが怖いから。いきなり社会の海に放り出される気がする(高3女子)
・学生時代にしかできない思い出もあるから大切にしたい(高3男子)
・大人と子供の境界線をもっと楽しみたい(高3女子)
・まだ青春していたい(高1男子)
・成人になるにともない、適用される制度などについて詳しい知識がない(高3男子)


どちらともいえない/わからない
・早く大人になって働きたいけど、学生のうちにしかできないこともしていたい(高2女子)
・大人として認められて自由な感じはするが、その一方で責任も増えるから(高2男子)
・成人に関わらず18歳になったらある程度社会的責任を負うため、あまり変わらない(高3男子)
・学校生活を楽しみつつ充実できているので、今の時間も大切にしたいし未来への期待もあるから(高2男子)


「早く成人したいと思う」理由は、自由にやりたいことができる、世界が広がるなどといったことが大きい様子
一方、「早く成人したいと思わない」理由としては、まだ心の準備ができていないという声や、高校生としての今を楽しみたいという声がありました。そして、「どちらともいえない/わからない」を選んだ人は、大人としての自由にあこがれながらも、まだ学生生活も楽しみたい、といった声が寄せられました。


これまで親の許可が必要だった契約なども、自分の意思で可能になる18歳成年制度。できることが増える代わりに、自立や責任の意識も求められます。いまの高校生活を楽しみつつ、約1年後に迫った制度変更に備えて詳しい内容を知っておくことも大切かもしれませんね。

※今年の新成人の意識についての調査結果はこちら

【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2020年12月7日~8日
有効回収数:1041サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならないことがあります。

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。

【LINEリサーチについて】

『リサーチノート』はLINEリサーチが運営する調査メディアです。LINEリサーチでは500万人を超える豊富なモニターによりテーマごとに様々な調査が可能です。スマートフォン調査をお考えの場合は、お気軽にご相談・お問合せください。

▼LINEリサーチに関する資料のご請求はこちら▼
document_request

▼LINEリサーチでの調査や調査に関するご相談はこちら▼
inquiry_form