コントや漫才、リズムネタまでさまざまな芸で楽しませてくれる「お笑い芸人」。最近ではテレビ番組だけでなく、YouTubeなどにも活躍の場を広げています。そこで今回は、高校生が好きな「お笑い芸人」、今後ブレイクしそうな「お笑い芸人」など、高校生のお笑い事情について調査しました。

main

◆Topics◆

1.高校生が好きなお笑いのジャンルは「漫才」と「コント」!
2.高校生が好きなお笑い芸人は?全体TOPは「サンドウィッチマン」
3.上位のお笑い芸人について、好きな理由を紹介!
4.これからブレイクしそうなお笑い芸人は?全体TOPは「錦鯉」

1.高校生が好きなお笑いのジャンルは「漫才」と「コント」!

graph_1

高校生に、お笑いのジャンル・芸風の中で好きなものを聞きました。ふだんお笑いを見ない、好きではないという人にも、これだけは好き!というものがあれば回答いただきました。

全体のTOP2は「漫才 / 漫談」「コント / ショートコント」で、どちらも約6割で僅差でした。全体3位には「大喜利」が続きます。M-1グランプリやキングオブコントなどの賞レース、大喜利がテーマのバラエティー番組IPPONグランプリなどの影響もありそうです。

男女別にみると、上位は同じ項目がランクインしていますが、順位に違いが出ています。
TOP2は全体と変わらないものの、JKは「コント / ショートコント」、DKは「漫才 / 漫談」がそれぞれ1位に。また、JKはDKよりも「歌ネタ / リズムネタ」「ダンス」の割合が高くなっています。JKではTikTokなどでも話題になりそうな、歌やダンスを扱ったジャンルが人気の様子。一方DKは、JKに比べて「漫才 / 漫談」「大喜利」の割合が高くなっています。


2.高校生が好きなお笑い芸人は?全体TOPは「サンドウィッチマン」

graph_2

1人で活動しているピン芸人、コンビ・グループなどで活動している芸人をすべて含め、高校生に「一番好きなお笑い芸人」を聞きました。

全体TOPは「サンドウィッチマン」、2位以降は「千鳥」「NON STYLE」という結果に。男女別にみてもTOP3は同じ結果となりました。昨年の調査(同率1位「千鳥」と「NON STYLE」、3位「サンドウィッチマン」)から順位は変動しているもののTOP3のラインナップは変わらず。引き続き人気の高さがうかがえます。

TOP3以降は男女でそれぞれ順位に差がみられました。JKは4位に「平成フラミンゴ」、5位に同率で「和牛」「EXIT」がランクイン。一方、JKと比べてDK人気が高いのは5位の「オードリー」で昨年から大きく順位を上げています。

また、昨年は10位圏外だった「かまいたち」が、今回はJKで9位にランクイン。レギュラー番組などメディアへの露出が多くなったことも人気上昇につながったのかもしれません。そのほか、昨年は男女ともに10位だった「明石家さんま」が全体で5位に上がり、JKで8位、DKで6位となっています。


3.上位のお笑い芸人について、好きな理由を紹介!

graph_3

一番好きなお笑い芸人を好きな理由を聞いたところ、「ネタが面白いから」「ボケやツッコミが面白い / うまいから」「トークが面白いから」といった理由がいずれも上位に並びました。

芸人ごとに理由をみていくと、上記理由に加えて好きな芸人の全体1位「サンドウィッチマン」は、「性格がいい(よさそう)だから」、2位の「千鳥」は、「個性的 / ユニークだから」といった項目がランクインしています。
3位の「NON STYLE」では、「ネタが面白いから」「ボケやツッコミが面白い / うまいから」の割合が8割超で並んでおり、面白さも好きな理由として大きいようです。また、このTOP3の芸人では、コンビ仲のよさも理由の一つに挙がっています。

全体4位の「陣内智則」は、「ネタが面白いから」が1位。映像を用いたり、音声にツッコミを入れたりする独特のネタが人気のようです。
そして5位の「明石家さんま」には、「トークが面白いから」のほか、「明るい / 元気があるから」「司会がうまいから」といった理由がランクインしています。

ランキング外ではありますが、6位の「霜降り明星」は、「動画配信(YouTubeなど)が面白いから」という理由が上位に。7位の「和牛」は、「ルックス / 見た目が好きだから」「声が好きだから」「明るい / 元気があるから」といった理由が同率でランクインしました。

4.これからブレイクしそうなお笑い芸人は?全体TOPは「錦鯉」

graph_4

高校生に今後ブレイクしそうだと思うお笑い芸人について聞きました(2022年1月調査時点)。「わからない/特にいない」との回答も6割以上ありましたが、それらを除外しランキングにしています。

全体1位は、2021年のM-1グランプリで優勝した「錦鯉」。男女ともにランクインしていますが、特にDKでは2位以下に大きく差をつけています。
2位の「インディアンス」も男女ともにランクインしており、JKでは1位に。続く3位は「オズワルド」で、男女ともに2位にランクインしています。
全体の4位以降は「真空ジェシカ」「平成フラミンゴ」が続きます。「平成フラミンゴ」はYouTuberとして人気の女性2人組で、JKで3位にランクイン。ひとつ前のトピックでの、いちばん好きなお笑い芸人でもJKで4位でしたね。
全体TOP5のうち1~4位までがすべてM-1グランプリのファイナリストという結果に。注目の高さがうかがえますね。
そのほかにも、JKでは「見取り図」が、DKでは「金属バット」がランクインしています。

昨年から引き続き「サンドウィッチマン」「千鳥」「NON STYLE」が人気のお笑い芸人TOP3となりました。M-1グランプリの影響などもあり、「錦鯉」をはじめとしたM-1ファイナリストも勢いに乗っているようです。今後はどのお笑い芸人が高校生の人気を集めていくのか注目ですね。


【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2022年1月7日~2022年1月11日
有効回収数:1044サンプル
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。

【LINEリサーチについて】

『リサーチノート』はLINEリサーチが運営する調査メディアです。LINEリサーチでは500万人を超える豊富なモニターによりテーマごとに様々な調査が可能です。スマートフォン調査をお考えの場合は、お気軽にご相談・お問合せください。

▼LINEリサーチに関する資料のご請求はこちら▼
document_request

▼LINEリサーチでの調査や調査に関するご相談はこちら▼
inquiry_form