LINEリサーチでは、四半期毎に全国の15~24歳の男女に対して、最近の流行について自由記述形式で調査しています。今回は2022年3月の調査結果をお届けします

cover

◆Topics◆

1.「ロシアのウクライナ侵攻」について若者の間で高い関心が集まる
2.ゲームタイトル、YouTuber、歌手やアイドルなどが並ぶTOP30
3.男女ともに「ロシアのウクライナ侵攻」が、各年齢層でもっとも高い結果に

1.「ロシアのウクライナ侵攻」について若者の間で高い関心が集まる

2022年3月の最新調査では、「ロシアのウクライナ侵攻」が1位となりました。 今年の2月末に始まったロシアによる軍事侵攻について、多くの関心を寄せている様子が見受けられます。

2位の「呪術廻戦」は前回10位から急上昇しました。2021年12月末に公開し、今なお大ヒット中の「劇場版 呪術廻戦0」の影響も考えられそうです。「呪術廻戦」は、2020年12月より過去連続6回にわたりTOP10入りしており、若年層での流行が続いています。また、「新型コロナウイルス感染症」が前回の16位から順位を上げ9位となっています。前回調査の12月時点では落ち着いていた感染者数が、年明けから急増したことが影響したものと考えられます。10位には、2022年1月末に発売されたアクションロールプレイングゲーム「Pokémon LEGENDS アルセウス」が急上昇ランクインしました。
「ポケットモンスター/ポケモン」関連も上位の常連となっており、若者の間でポケモンの流行が続いているようです。

また、前回1位の「鬼滅の刃」や2位の「なにわ男子」は、僅かに順位を落としているものの、引き続きTOP10に入っており、若者の人気を集めていることがわかります。

TOP10

2.ゲームタイトル、YouTuber、歌手やアイドルなどが並ぶTOP30

最新結果の11位以降は、「プロジェクトセカイ カラフルステージ!feat.初音ミク」、「原神」、「ELDEN RING」などゲームタイトルが多くランクイン。今回25位に入った「ELDEN RING」は、2022年2月25日に発売されたアクションRPG。世界出荷本数が1000万本を超える大ヒット作品となっており、若者の間で流行してきている様子です。「コムドット」や「平成フラミンゴ」といったYouTuberは、これまでの調査結果と同様にTOP30に入っており、引き続き話題になっているようです。

「BTS」、「Snow man」、「SixTONES」や「乃木坂46」などのアイドルグループも30位以内にランクインしています。今回調査で、急上昇した「Kep1er」は26位に入りました。楽曲「WA DA DA」で話題のガールズグループで、#wadadachallenge などで動画を投稿するといったこともSNSなどを中心に流行している様子です。


TOP30

3.男女ともに「ロシアのウクライナ侵攻」が、各年齢層でもっとも高い結果に

男女別をみてみると、「ロシアのウクライナ侵攻」は男女共通して高い割合となりました。女性の15~18歳の年齢層を除いたすべての年齢層で1位となっています。

男性では、「ウマ娘プリティーダービー」や「Apex Legends」などのゲームタイトルも引き続き10位以内にランクインしており、男性のゲームへの興味の高さがうかがえます。また、男性19~22歳と23~24歳の層で「Pokémon LEGENDS アルセウス」が今回ランクインしました。
なお、「プロジェクトセカイカラフルステージfeat.初音ミク」は、15~18歳の年齢層では男性は6位、女性は5位となりました。ゲームタイトルの中でも、男女ともに若い年齢層での流行がうかがえます。

女性は、どの年齢層もTOP3の項目は同じとなり、「ロシアのウクライナ侵攻」、「TikTok」、「呪術廻戦」となりました。TikTokは年齢が若いほど割合が高い結果です。
また、女性15~18歳、19~22歳の層では、「コムドット」、「平成フラミンゴ」が上位となっています。女性の中でも特に高校生・大学生の層で、YouTuberへの関心が高いようです。 

男女TOP10



今なお、多くの報道がされている「ロシアのウクライナ侵攻」。ふだん見聞きするニュースに心を痛めている若者も多いのかもしれません。上上位に入ってくるジャンルは今回も比較的ゲームやアイドル、アニメなどが多くなっていますが、その中でも新たなゲームがランクインしたり、作品の映画化による影響によるランクアップが見られたりと、最新の流行があらわれた結果となっていました。
次回は、3か月後となります。次回調査の結果もぜひご参考ください。




LINEリサーチでは、四半期に1回行っている流行調査の結果の無料レポートを提供しています。
Z世代のトレンドを参考に、皆様のマーケティングに少しでもお役立ていただければと思います。
【結果レポートに含まれる内容】

上位300位までの性別×年代別のランキング表
タレントの個人名・ゲーム・アニメタイトルが多数言及されています。

上記300位までのエリア別のランキング表
貴社注力エリアで何が流行しているのかご参考になさってください。

 <エリアの内訳>
 1)北海道・東北地方
 2)関東地方
 3)中部地方
 4)近畿地方
 5)中国・四国地方
 6)九州・沖縄地方

資料請求はこちら

▼若年流行調査に関する資料のご請求はこちら▼
document_request

【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
実施時期:2022年3月1日~3月3日
有効回収数:4734サンプル
※回収比率は、[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が2:2:1:2:2:1
※「最近流行っているコト・モノ・ヒト」について自由記述形式で聴取
※回答をコーディングしてランキング化。
※特になし/不明に該当する回答のみの対象は、分析対象から除外。

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。

【LINEリサーチについて】

『リサーチノート』はLINEリサーチが運営する調査メディアです。LINEリサーチでは500万人を超える豊富なモニターによりテーマごとに様々な調査が可能です。スマートフォン調査をお考えの場合は、お気軽にご相談・お問合せください。

▼LINEリサーチに関する資料のご請求はこちら▼
document_request

▼LINEリサーチでの調査や調査に関するご相談はこちら▼
inquiry_form